楽しみながら認知症予防をしよう!

65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%、4人に1人が認知症とその“予備軍”です。

2015年1月7日、厚生労働省は全国で認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値を発表しました。

●認知症予防のための脳トレ・運動・栄養●

認知症予防を継続するためには楽しくできる範囲で行うこと。ストレスになり逆効果にならないように、趣味や生きがいとしてカルチャースクールに通うことで自然に認知症予防に繋がることが「にんかる」の目的です。

認知症は40代から始まります。脳や体を動かし、日常の栄養バランスを考えることが認知症予防に効果的です。

News

監 修

筑波大学 医学医療系 精神医学

教授 新井哲明 先生

(臨床精神医学、老年精神医学、神経病理学)

日本認知症学会 代議員・専門医・指導医

新井先生ご出演のつくばの地域情報誌「つくまる」対談記事をぜひご覧下さい。

つくまる2016年 9月号 対談記事(前編)

つくまる2016年10月号 対談記事(後編)